2013年 04月 21日

サーファーの海。

最高気温は10度前後止まり。午前中に雨。午後遅くなって雨が止んでも、冬のような寒さが続いた。
そのかわり、海に波。サーファーであふれる。「一つ、チューブを頂きました」と友人に声を掛けたサーファーがにこにことしてカメラの横を通っていった。

b0022268_2044944.jpg


by hirofumi_nakayama | 2013-04-21 20:45 | sea,shore,beach | Comments(6)
Commented by さくら at 2013-04-21 21:01 x
空と海の色は実際の色?
手前がカラーで奥がモノクロに見えるのは?
何か不思議で見入ってしまいます。
Commented by sekky at 2013-04-21 22:14 x
確かに、カラーとモノクロが合わさったような画ですね。
先日の葉山の空の写真と似た、すごくシャープな印象を受けます。
コントラストの問題(?)でしょうか・・・?
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-04-22 21:39
さくらさん、空は、そのまま撮れば、平坦になってしまうし、実際に見た印象に近づけるために、ちょっと演出を加えました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-04-22 21:40
sekkyさん、葉山から見た空を撮影した時も、同じ演出を加えています。さすがに、鋭いですね。
Commented by ぷろとん at 2013-04-24 06:39 x
ごぶさたしています。
サーファーの人同士、そんな気持ちの良い敬語で話すのですね。
炭絵のような灰色の海。バイクや看板の色が対象的。こんな海にわざわざ出向くのだから、サーフィンってほんとに面白いんですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-04-24 21:00
ぷろとんさん、チューブのようにトンネルになった波を抜けて滑り切ることは、サーフィンのすごい醍醐味だそうです。七里ヶ浜では、チューブそのものも滅多にありません。「頂いた」という気持ちになるのでしょうね。


<< 漁村とハマダイコン。      曇り日の華やぎ。 >>