2013年 05月 13日

新緑と妙本寺。

新緑と赤門はよく似合う。大町の妙本寺。通称で赤門と呼ばれる二天門は、仏教の守護神である四天王のうち、持国天と多聞天(毘沙門天)を安置している。龍の彫刻が鮮やか。

深い木立に守られた参道の先、石段を登る。
b0022268_2103169.jpg







そこに、二天門。
b0022268_2164034.jpg


 

by hirofumi_nakayama | 2013-05-13 21:06 | in Kamakura city | Comments(6)
Commented by uki at 2013-05-14 07:12 x
むせるような濃い緑の空気感が、写真にも表れていますね。
妙本寺はわたしのパワースポット。
ここを離れたあとも、しばらく緑の余韻がまとわりつく感じが、たまらなく心地よいです。
Commented by さくら at 2013-05-14 14:56 x
とっても良い雰囲気
もうこんなに新緑なのですね。
6月末にまたお邪魔いたしますが、
もしかして混んでる頃でしょうか?
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-05-14 20:58
ukiさん、妙本寺は、広々として静かで、のんびりしていて、いつ行っても落ち着きますね。二枚目の隅に見えている青いセーターの女性も、ゆったりと境内を歩いていました。ukiさんのようですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-05-14 20:59
さくらさん、6月も末になると、紫陽花見物の喧騒も下火になっていることでしょう。楽しみにお待ちしています。
Commented by tossyk at 2013-05-14 21:33
ぼくも ここ教えていただき、パワースポットです。
この季節にここを撮るnakayamaさん 緑と赤い門と彩色豊かな彫刻。。
ビールを飲みながら明日はあそこを撮ろう、とか考えているのでしょうか・・
鎌倉・・良いですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-05-14 21:36
tossykさん、まさにその通り、今、ビールを飲みながら、明日のこと、ちょっと考えています。


<< 水鳥の集い。      ザリガニ釣り。 >>