2005年 02月 19日

由比ヶ浜のワンちゃんの館。

 由比ヶ浜、小さな稲瀬川の河口のそば。いつも走って通り過ぎる午前中には、逆光でディテールが飛んでしまうので、冬、ある寒い曇り日に、わざと隙のあるフレーミングで撮ろうと思っていた。
 勢いよく吠えながら飛び出して来たもう一匹の黒い子犬は、じっと見ていると、すぐに館に戻って行った。
b0022268_22563087.jpg


by hirofumi_nakayama | 2005-02-19 18:25 | sea,shore,beach | Comments(6)
Commented by みつる at 2005-02-19 21:53 x
こ~いうブレーキ(ワイヤーを使ってない)自転車って、最近じゃあまり見かけませんよねぇ。ちょっと昭和な香りがしますよね。
それにしても、犬君の耳がグレムリンみたい…(((( ;゜Д゜)))ガクガク
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-02-19 22:54
ブレーキのことまでは、気が付きませんでした。それにワンちゃんの耳のことも。
海の見える豪邸でしょ。対岸に高級リゾートマンションが見えています。
Commented by biwakokayo3 at 2005-02-20 20:50
この犬たちは飼われているのですか?
掘っ立て小屋みたいですが・・・・。
この自転車も前輪が砂に埋まっていますね。
ここだけタイムスリップした感じがしてきます。
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-02-20 22:06
掘っ建て小屋は、2匹のワンちゃんのためのものです。野犬でしょう。小屋の中に入る一匹の黒い犬は、いつもびりびり震えています。世話している人がいるのです。
Commented by yu-ri628 at 2005-02-20 23:52
二匹の迷える犬たちの日々が楽しいと良いな~・・。
寂しそうですね、、世話をしてくれる主を待ってるのね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-02-21 22:54
yu-riさん、世話をしてくれている人がいるのです。
この館をワンちゃんのために作った人。
貧しそうに見えるけど、世話をしている人も、ワンちゃんも、こちらからの視線と関係なく、幸せかも知れません。


<< 七里ヶ浜の夕景・2月20日篇。      七里ヶ浜の行進。 >>