2013年 09月 10日

骨董屋の窓。

鎌倉には、骨董屋さんが多い。そのウィンドーは、様々なオーラが合わさって面白い熱気を発している。

明日から、泊まりがけで小学校のクラス会に出かけます。更新を一日お休みします。


b0022268_2142870.jpg


b0022268_215917.jpg


b0022268_216534.jpg


by hirofumi_nakayama | 2013-09-10 21:06 | in Kamakura city | Comments(4)
Commented by uki at 2013-09-11 18:02 x
ショーウィンドー越しに、かつての持ち主たちの”気”みたいなもいのが感じられて、あまり直視せずに通り過ぎてしまいます。ここ・・・。
1,2枚目は街の様子を入れることによって、その気配をうまく消してるなぁ。。と。

Commented by tossyk at 2013-09-12 00:20
Ukiさん スルドイ!
ぼくは鈍感だから、古いもの触っても何も感じません(笑)

毎年、同窓会 楽しいでしょうね♪
小学生に戻った明日の写真が楽しみ。。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-09-12 21:40
ukiさん、tossykさんが言うように、確かに鋭い。
鎌倉の街の雰囲気の中にある、そんな空気も出したかったのでした。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-09-12 21:42
tossykさん、泊まりがけの小学校のクラス会。またまた楽しい旅となりました。訪問した美術館は、小学校の廃校を利用して作られています。みんな小学生に戻ったような気分になりました。


<< 絵本と木の実の美術館。      鐙摺港の太公望。 >>