2014年 02月 12日

ガラス窓の童話。

無垢の美しさを運んできた雪の結晶。雪の中から芽を出したヒヤシンスが花を咲かせた頃、出会った少女に手を振って去っていく。そんな童話の結末を想像するようなシーンが、鎌倉、若宮大路のお店のガラス窓の上にあった。

b0022268_2031058.jpg


by hirofumi_nakayama | 2014-02-12 20:32 | in Kamakura city | Comments(2)
Commented by hisami at 2014-02-14 06:57 x
ブルーなのに温かみがありますよね。
ストーリーを感じるその絵もそう感じさせるのでしょうか。
すっかり市橋織江風のその色が気に入っています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2014-02-14 20:28
hisamiさん、もう少し時間があれば、この童話を完結させたかったです。


<< 残雪。      平穏の海。 >>