2014年 02月 20日

若布干し。

坂ノ下の海岸では、若布の天日干しが始まっている。採集したばかりの若布を、浜辺に用意した大釜で炊きあげたあと、棚に吊るして乾燥させ、さらに平棚に並べて天日によって完全に自然乾燥するのを待つ。こうして出来上がった乾燥若布は、現地産の名品「鎌倉 湯がきわかめ」。その場で購入することができる。


b0022268_19105412.jpg



b0022268_19111568.jpg


by hirofumi_nakayama | 2014-02-20 20:25 | sea,shore,beach | Comments(4)
Commented by uki at 2014-02-21 18:10 x
若布干しは春の風物詩ですね。
ぷ~んと磯の香りが漂ってきそうで、鼻をひくひくさせてます(笑)
Commented by hirofumi_nakayama at 2014-02-21 20:26
ukiさん、地元のご贔屓のご老人たちが、すでに続々と買い求めていらっしゃいました。
湯豆腐のだしに使ったりしたらいいでしょうね。
Commented by ぷろとん at 2014-02-22 01:13 x
海の中にはもう、春が来たのですね!
その場で分けてもらえるとは知りませんでした。新ワカメの湯豆腐!!頂きたいものです。美味しい日本酒も添えたいところです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2014-02-22 20:39
ぷろとんさん、二週続けて雪を見ると、何だか、もう一度雪が降りそうな気がしてしまいます。もう、このまま春でいいです。


<< ウィンドーのお雛様。      冬の海・2月19日篇。 >>