2014年 03月 17日

木の精。

稲村ヶ崎に注ぐ小さな音無川は、小さいながら鬱蒼とした木々が川を覆っている場所がある。
川岸の岩に映じる木の影は、この川を守る木の精のような趣がある。

b0022268_19341124.jpg


by hirofumi_nakayama | 2014-03-17 20:29 | in Kamakura city | Comments(2)
Commented by uki at 2014-03-18 17:56 x
写真というよりも、絵画やリトグラフの趣ありますね。
nakayamaさんのアトリエに飾ると、とてもいいな・・と思いました。

Commented by hirofumi_nakayama at 2014-03-19 20:22
ukiさん、もう少し整理されているとよかったのですが。
モノクロに変換して飾ってみようかなと思います。


<< 北欧雑貨の店。      サーファー小道。 >>