2014年 08月 07日

子ツバメの合唱。

由比ヶ浜商店街の屋根にツバメの巣があった。
子どもたちのカルテットが、「レリ・ゴー、レリ・ゴー」と絞り声を上げているように見える。
実際は、親ツバメが運んできた餌に向かって口を大きく開けている。
ツバメの親は、目にも留まらぬ素早さで子どもたちに餌を与えると、目にも留まらぬ素早さで飛んでいった。

b0022268_2073371.jpg


by hirofumi_nakayama | 2014-08-07 20:33 | in Kamakura city | Comments(2)
Commented by uki at 2014-08-08 20:08 x
ツバメの子供たちは、巣立ちの時にも「レリ・ゴー、レリ・ゴー」と歌いながら旅立って行くのでしょうね♪
Commented by hirofumi_nakayama at 2014-08-08 20:37
ukiさん、きっと、あるがままに生きていくでしょう。


<< 夏の海、夏の空。      江の電・生活風景篇。 >>