2014年 12月 13日

冬の陽射しが注ぐ海。

坂ノ下あたり。低い位置を通る冬の太陽に照らされた海は、目が痛いほどに光っている。

b0022268_20192187.jpg


by hirofumi_nakayama | 2014-12-13 20:35 | sea,shore,beach | Comments(2)
Commented by uki at 2014-12-14 10:08 x
ランナーの姿がnakayamaさんと重なります。
白い息を弾ませて光る海と並んで走っているのでしょうね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2014-12-15 08:10
ukiさん、ご返事が遅くなりました。海を見ながら走る姿は、この写真のままでしょう。これでカメラを左手に抱えいていたら私です。
寒くなりましたが、まだ白い息を吐くほどでもなく、2、3キロ走ったら、額から汗が出ます。


<< 七里ヶ浜の夕景・12月13日篇。      含羞の猫。 >>