2015年 03月 23日

腰越風景。

昨日の写真。鎌倉の西端にある、漁港に近い腰越の街。日蓮宗の本山である龍口寺のお膝元。
江の電が商店街の中を走り、昔ながらの魚屋や船宿などが健在だ。

龍口寺の山門の前は、大小の道が複雑に入り組んだ五叉路。道路上にある歩行帯の表示は、ここだけにしかない複雑な紋様を描いている。

b0022268_19481060.jpg



江の電の腰越駅。江の電と嵐電の姉妹提携5周年記念の嵐電号が、ちょうど駅に到着したところ。
嵐電号は、京紫色に塗装されている。

b0022268_19412385.jpg


by hirofumi_nakayama | 2015-03-23 20:37 | in Kamakura city | Comments(2)
Commented by uki at 2015-03-24 18:56 x
五さ路、凄いです!
腰越周辺の人・車・江ノ電の三位一体感は ほかにはないところですね。

Commented by hirofumi_nakayama at 2015-03-24 20:57
ukiさん、この五叉路の中で、江の電のレールがS字カーブを描いているし、ちょっとした見ものです。世界で唯一の大五叉路でしょうか。


<< 春の陽だまり・わが家篇。      春の陽だまり。 >>