2015年 06月 24日

庭のクラウン。

庭に咲いた白い紫陽花の花は、褪色が始まってさらに美しくなる。紫陽花の熟成ということだろうか。


b0022268_20135565.jpg







b0022268_20141066.jpg


by hirofumi_nakayama | 2015-06-24 20:40 | in the home garden | Comments(6)
Commented by sekky at 2015-06-25 01:22 x
紫陽花といえば成就院が植替えでしばらく見られないそうですね。
段葛も工事中で跡形もなくなっていてとても驚きましたし、
かと思えば由比ガ浜通りにはオシャレな店がたくさんできていて、
鎌倉も日々刻々と変わっているのだな~と感じました。
七里ヶ浜駐車場のファーストキッチンも別な店に替わったのですね。
Commented by さくら at 2015-06-25 07:57 x
ブルーとピンクが絶妙!
このブルーは何色って表現するのでしょうか?
鎌倉は賑わっているのでしょうね。
行きたい~
Commented by uki at 2015-06-25 18:00 x
万華鏡と顕微鏡を同時に覗いたような感覚になりました。
小さなクラウンは愛らしくて気高くて。。
紫陽花の七変化は神秘的です。。


Commented by hirofumi_nakayama at 2015-06-25 20:45
sekkyさん、お久しぶりです。
御成町にあった久我邸という大きな洋館はレストランに変身しました。高浜虚子が一度住んでいた大きな由比ヶ浜の屋敷は、更地になってしまいました。日々刻々と鎌倉は変化しています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2015-06-25 20:51
さくらさん、このブルーはヨーロッパの気候によって作られたパステルカラーのブルーに似ていますね。
鎌倉は、ここ七里ヶ浜も含めて訪れる方々が増えているような気がします。
またお会いできる日を楽しみにお待ちしています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2015-06-25 20:53
ukiさん、白い花もきれいだと思いましたが、こうして紫陽花の花が朽ちていく時にも、美しい表情を見せてくれることに感激しました。


<< 梅雨時の海・6月25日篇。      緑の切り通し。 >>