2015年 08月 04日

材木座のアメリカヤ。

材木座の海水浴場に近い、浮き輪や花火やビーチサンダルを売る老舗の雑貨店「アメリカヤ」
高齢のおじいさん、おばあさんが店番をしていたと思ったら、店を閉じてそのまま2、3年が過ぎ、シャッターが下りた店の前を通るたびに心配していた。
看板を塗り替えただけで、昔の姿で店を開いているのを見てほっとした。

b0022268_19285085.jpg


by hirofumi_nakayama | 2015-08-04 20:36 | in Kamakura city | Comments(8)
Commented by tossyk at 2015-08-04 21:01
鎌倉で数ある好きなところ、5本の指に入るところが夏の材木座。
Commented by さくら at 2015-08-05 07:42 x
そうそう、こんな感じのお店が昔は沢山並んでました。
なくなってほしくないですよね。
江の島に行って、海ほうずきを買ってもらうのが
楽しみでした。
今の人たちは知らないですね~
Commented by uki at 2015-08-05 09:03 x
「アメリカヤ」の看板、真新しくなりましたね。
前とは番う色目になったような気がします。
こどもを乗せた自転車が横切って ジブリのアニメの一コマみたいです♪
Commented by hisami at 2015-08-05 09:29 x
自分の子供のころの写真を見ているようです。
自転車のおじさんが白のランニング姿だったらなおのこと。
おじさん・・・って私より年下でしょうに。失礼!
完全子供のころにもどった目線でした。笑)
Commented by hirofumi_nakayama at 2015-08-05 20:34
tossykさん、どこかのどかで、のんびりしているところがいいですよね。海水浴客も、地元の人がほとんどです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2015-08-05 20:38
さくらさん、海ほうずき、懐かしいですね。
鎌倉の東の端の材木座と西の端の江の島に隣接する腰越、どちらも昔ながらの雰囲気を残しています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2015-08-05 20:40
ukiさん、2009年の7月31日に掲載した「アメリカヤ」の写真にリンクしました。「アメリカヤ」の青い文字をクリックしてみて下さい。
Commented by hirofumi_nakayama at 2015-08-05 20:43
hisamiさん、あの自転車のお父さん、前かがみで一生懸命自転車を漕いでいます。すでに浮袋を体に巻いた娘さんが、期待に胸をふくらませているのが分かります。hisamiさんの子供の頃を想像します。


<< 夏はビール。      極楽寺川の緑陰。 >>