2015年 08月 20日

雨粒とノウゼンカズラ。

昨夜から降り始めた雨は今朝まで残って、庭に咲いたノウゼンカズラの花を濡らした。
ノウゼンカズラの開花には陽の光が必要で、曇り日が続くとつぼみのまま落ちてしまう。
午前中には雨が上がって、雨粒を宿したノウゼンカズラの花が残った。


b0022268_19572312.jpg


by hirofumi_nakayama | 2015-08-20 20:34 | in the home garden | Comments(2)
Commented by tossyk at 2015-08-20 21:14
ノウゼンカズラ 妙本寺をおもいだしました。
師匠のあのお庭にもいたのですね。
6月だったか、ノウゼンカズラの苗をみかけたけど
やっぱりうちにも植えれば良かったなー。
Commented by hirofumi_nakayama at 2015-08-21 20:37
tossykさん、ノウゼンカズラは蔓性で、思わぬところにまとわって成長したり、夏を楽しくさせてくれる貴重な花の一つです。


<< 小網代の森の緑陰。      庭のダース・ベイダー。 >>