2016年 07月 14日

コケーシカ。

長谷の吉屋信子記念館の向かいにある、マトリョーシカの専門店「コケーシカ」の前を通り掛かった。
ウィンドーに樹々の緑が映り込んでいる。
カメラを向けていると、しばらくして店主の沼田元氣さんがお店の横にあるドアを開けて顔を出し、
「今日はお休みです。また来て下さい」とにこにこして言いながら、お店のカードを差し出した。カードには小さなこけしが結び付けられている。
両開きのカードを開けてみると、「夢を売る店」とコケーシカを紹介している。

b0022268_20273056.jpg







b0022268_20274570.jpg


by hirofumi_nakayama | 2016-07-14 20:39 | in Kamakura city | Comments(4)
Commented by さくら at 2016-07-15 07:47 x
夢を売るお店
いいなあ、こんな仕事ができるなんて
素敵です。
行ってみたくなります。
Commented by uki at 2016-07-15 16:01 x
コケーシカのショップカード、ワタシの持っているのより、バージョンアップして、さらに可愛くステキになりましたね。
1枚目右のリトルブッタの小さなマトリョーシカはワタシの宝物の1つです。
時々、カードやら小さな宝物を見ては、鎌倉思い出してます。
Commented by hirofumi_nakayama at 2016-07-15 20:30
さくらさん、ここは文学館にも近く、由比ヶ浜通りの裏道にあたり、車の往来もほとんどなくて、ゆっくりと散歩できる道です。図書館への自転車の行き帰りによく通ります。
Commented by hirofumi_nakayama at 2016-07-15 20:34
ukiさん、そうでしたか。ブッダのマトリョーシカ、おうちにもあるんですね。
ショップカードにぶら下がっているこけしは、身の丈3・5センチ、ちゃんと木製です。


<< 街角の花束。      名残の紫陽花。 >>