2017年 01月 10日

小春日の道。

鬱蒼とした木が影を落とす鎌倉の散歩道。
ところどころに開いた空から注ぐ小春日の陽射しを浴び、明暗を発しながら通り過ぎる親子は、
輪郭から暖かさを発している。


b0022268_19495594.jpg


by hirofumi_nakayama | 2017-01-10 20:34 | in Kamakura city | Comments(2)
Commented by uki at 2017-01-11 16:02 x
影の濃さが冬とは思えないような感じがします。
日が当たってる部分は自転車漕いでいると、汗かきそうなくらい暖かそうですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2017-01-11 21:15
ukiさん、この写真を撮影したあとの午後、ティーシャツ姿でテニスをしていました。さすがに三時半を過ぎるとジャケットを重ねましたが。


<< 坂の上から見える海。      木枯らしのあとは白い森。 >>