2017年 02月 19日

七里ヶ浜の海・2月19日篇。

暖かい陽射しが、波のない穏やかな海に注いで、当てはまる冬の季語が思い浮かばないほど海は光るばかり。
その光も刻々に変化して見飽きることがない。

b0022268_18513769.jpg




by hirofumi_nakayama | 2017-02-19 20:32 | sea,shore,beach | Comments(0)


<< 嵐の前の菜の花。      日脚伸ぶ。 >>