2017年 03月 07日

江の島夕陽灯台。

江の島の灯台をなぞるように、夕陽が落ちていった。

b0022268_20082923.jpg









b0022268_20084655.jpg

b0022268_20140675.jpg

b0022268_19531722.jpg







b0022268_19541727.jpg


by hirofumi_nakayama | 2017-03-07 20:36 | sea,shore,beach | Comments(7)
Commented by seadream_t at 2017-03-08 00:19
あぁ、この陽は今日という日ならではですね^^
こちらは、冬に戻ったような日で終わりました。
ただ、変わったことと言えば久しぶりに近所の同級生で呑みました^^
そのお隣の会の中に高校生のときの彼女がいました。笑
Commented by さくら at 2017-03-08 07:40 x
期末のバタバタでゆっくり見れなくてすみません。
久々に見るショットが凄いじゃないですか
疲れに一番効く薬です!謝謝
今日も頑張ります
Commented by uki at 2017-03-08 17:21 x
「燃え尽きて灰になってしまいそうな夕焼け」と、
「ツバキ文具店」の中で、そんな表現がありましたけど、
小川糸さんも、こんな夕焼けを見ていたんでしょうね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2017-03-08 20:56
seadream_tさん、昨夜にはドラマがあったのですね。まだ青春ですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2017-03-08 20:59
さくらさん、そう言って頂ければ、私にも元気が。
こちらは、「今日は寒くなる」という天気予報であったのに、午前中から昼下がりにかけてはそれほどでもなく、やっぱり今年は暖冬の気配が濃いです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2017-03-08 21:10
ukiさん、鎌倉は気象学上特異な位置にあるらしく、よく雲が流れて動きます。
その雲と海を従えて、鎌倉の夕焼けは、ゴージャスに仕上がるようですね。
Commented by seadream_t at 2017-03-09 12:40
いや、お見込み違い。ドラマらしき事は起こりませんでした!
彼女の隣には、ぼくの仕事関連でもお世話になっているダンナ様が
いましたので 苦笑
心身ともに、まだ青春なのは、師匠と同様ですね^^


<< 風見蜂。      花びらに雨露。 >>