2017年 05月 15日

裁許橋の花。

鎌倉時代に問注所のあった場所から100メートルほどにも離れていない場所に、小さな佐助川に架かる裁許橋。
裁判の結果、無罪放免となった者が渡る橋であったとされる。
橋から覗いた佐助川の川岸に咲くハルジオン。群落で見ることが多いけど、こうして一株だけに咲く花の姿も味わい深くないだろうか。


b0022268_07023085.jpg



by hirofumi_nakayama | 2017-05-15 20:34 | in Kamakura city | Comments(4)
Commented by uki at 2017-05-16 19:19 x
人知れず川岸に咲く一輪のハルジオンにフォーカスした一枚は、nakayamaさん流のファンタジーの世界感を感じました。
Commented by 大輔 at 2017-05-16 19:48 x
僕もこの写真は素敵な世界観だと思います♪
Commented by hirofumi_nakayama at 2017-05-16 21:59
ukiさん、裁許橋を渡った人々も、この川岸に花を見たのでしょうか。
渡れなかった科人は、橋を渡ることが許されず、六地蔵のあたりあった刑場に連れていかれたそうです。
裁許橋という橋の名前から、ちょっとどこかに連れていかれました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2017-05-16 22:03
大輔さん、何でもないありふれた野草ですが、こうしてみると、ありふれてない美しさがあるような。


<< 海とワンちゃんの親密性。      のんびり小動漁港。 >>