2017年 06月 19日

慰安の海。

梅雨の合間とは思えないほど、おだやかな朝。爽やかな風が七里ヶ浜の渚を渡り、静かな海が青く澄んでいる。


b0022268_19550140.jpg






b0022268_19544003.jpg




by hirofumi_nakayama | 2017-06-19 20:33 | sea,shore,beach | Comments(2)
Commented by zipgrrl at 2017-06-20 13:23
こんな海を眺めてゆっくりしたいです。アン・モロウ・リンドバーグの「海からの贈り物」の冒頭に
浜辺は読書に向かないと書かれていたように思います。思ったより湿度が高いかもしれませんね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2017-06-20 20:50
ぷろとんさん、天気のいいのどかな日、時々浜辺に座って本を広げている人、いますよ。
ぷろとんさんのコメントで、「私の耳は貝の殻、海の響きを懐かしむ」という堀口大学訳、ジャン・コクトーの詩を思い浮かべました。


<< 緑色の街。      コースト・ランニング。 >>