2017年 08月 08日

深窓の異邦人。

長谷にある、沼田元氣さんが経営しているこけしとマトリョーシカの専門店「コケーシカ」。ウィンドーには、貝を使った小さな人形たちが展示されている。
人形は、何を見ている?


b0022268_19104462.jpg







b0022268_20435176.jpg



by hirofumi_nakayama | 2017-08-08 20:32 | in Kamakura city | Comments(4)
Commented by さくら at 2017-08-09 07:58 x
貝殻もこんなに可愛く再生されると嬉しいですよね。
思いもつかない発想です。
一度覗いてみたいお店です。
HOTEL8 のサイト観てみました。
お洒落なホテルですね。
でも、やっぱり鎌プリがいいなぁ
Commented by uki at 2017-08-09 17:57 x
コケーシカの新作ですね♪
沼田さん「日露マトコケシ親善大使」なんですね。
「こけし時代」という本も出されてて、体中から「マトコケシ愛」がほとばしっていますね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2017-08-09 20:34
さくらさん、この三輪車を見るまでホテルのことは知りませんでした。でも、やっぱり鎌プリ、賛成です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2017-08-09 20:39
ukiさんのコメント伺って、ウィンドーにあった別の作品も紹介することにしました。ご覧ください。


<< 壁画の街角。      三論リムジン。 >>