2017年 08月 09日

壁画の街角。

海に面した稲村ヶ崎食堂の一方の壁に壁画。タイトルを考えるとしたら「夏の太陽と波のしぶき」なんて、どうだろう。
絵に溶け込んだようなバイクは絵ではないけど。


b0022268_19073656.jpg


by hirofumi_nakayama | 2017-08-09 20:31 | in Kamakura city | Comments(4)
Commented by seadream_t at 2017-08-09 21:51
これは、大作ですね!どなたの作品でしょう。
冬になってもこのままなのかな。
絵にならなかったスーパーカブ いまも人気のようで、
因みにカブ同様歴史あるモンキーは50周年の今、生産終了とのこと。
最終バージョン限定予約で、世のお父さんは投資で買っておきたいようです^^
ぼくは車庫内がバイクとクルマでいっぱいなんで控えたいと思います汗
Commented by uki at 2017-08-10 17:28 x
きのうは東京は37℃だったとか‼
もう溶けるような暑さですね。
海沿いの食堂でシラス丼&ビール。
そんな気分になりますね~(笑)
壁一面のお日様が、手招きしてるように感じました(^^;




Commented by hirofumi_nakayama at 2017-08-10 20:37
seadream_tさん、さすがにカブに反応されましたね。
モンキー、控えたいとわざわざ述べられと言うことは、きっとまだ買いたいと悶々とされていることでしょう。
Commented by hirofumi_nakayama at 2017-08-10 20:40
ukiさん、正確に言うと、もとカフェの「taro’s」のあった店と稲村ヶ崎食堂の間にある屋根のある駐車場の一方の壁です。「taro’s」は3月頃だったかな、店を閉めてしまいました。今は空き家です。


<< 滑川小橋。      深窓の異邦人。 >>