2005年 09月 10日

残暑。

 秋の気配を含んだ強い光にあふれていた一日。人影が少なくなった海岸と対照的に、おびただしい数のカモメが坂ノ下の海に浮かんでいた。
 台風の影響があったのだろうか。坂ノ下は、海岸に沿って2列はあった漁のための小屋が、1列だけに半減し、様相が一変していた。
(Caplio GX)
b0022268_201529.jpg


by hirofumi_nakayama | 2005-09-10 20:16 | sea,shore,beach | Comments(4)
Commented by biwakokayo4 at 2005-09-10 21:52
青空の下、何事もなかったようにカンナが咲いていますが
台風の被害があったのですね。
海面の黒い点々がカモメですか?
すごい数ですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-09-11 20:47
biwaokayoさん、盛り上がっていた砂地も、だいぶ削られていました。
Commented by zuzu-akko at 2005-09-12 00:13
秋の雲ですねぇ。10月だったかなぁ?海を見に行った時、やっぱりこんな空でした。
ニャ~ニャ~とカモメが鳴いてましたっけ。海猫ってほんとに猫みたいに鳴くなぁ・・・・。
江ノ電に乗って海見ながら、秋を満喫したいですねぇ。
Commented by watasi05 at 2005-09-12 17:32
こんにちは!  なかなか涼しくはなりませんね~
でも 夏の間はスッキリとは姿を見せなかった富士山が 青い姿を 見せるようになって来ました。

カンナの花が 夏を唄っていますね。  いいなぁ。


<< 散歩写真。      MEMENTO(2) >>