2005年 09月 29日

鎌倉写真散歩の続き。

 23日の秋分の日の昼下がり、長谷から由比ヶ浜通りをぶらぶらと歩いてきて、御成通りを通り抜けた。
 御成通りは、鎌倉駅西口までの間を南北に通じている小さな商店街。銭湯や、ペット屋さんや、洋品店(ブティックかな)、雑貨屋さん、カフェなど、それぞれがこじんまりした店が連なっている。酒屋さんの裏手に回ると、小さな秘密のカウンターがあって、生ビールや冷や酒を飲ませてくれる。どこからでも手を伸ばせば軒先に触れることのできそうな、人心地のある商店街で、そのまた裏手には塀を接して民家が隣り合わせている。
 通りの中程に、商店街にいることを忘れてしまいそうに、ぽっかりと草の茂る横道があり、奥にオシロイバナが咲いているのが見えた。
(05/09/23 KissDigital N)
b0022268_2293487.jpg


by hirofumi_nakayama | 2005-09-29 22:16 | in Kamakura city | Comments(6)
Commented by YUTA at 2005-09-29 23:12 x
まるで下町みたいですね。
僕の自宅近くにも酒屋の隅っこにカウンターもどきがあって、おじさん達がワンカップをすすってたりします。
こんな風にぽっかりと現れる空間って、僕もシャッターを切らずにはいられません。
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-09-29 23:39
YUTAさん、御成通りのこの酒屋さんは、結構大きな間口の立派な店構えで、まるで立ち飲みのカウンターがあるなど、誰も想像できないのですが、ご主人が趣味で誰かに飲ませて自分も飲みたいようで、裏手にひっそりとカウンターが隠されているのです。
Commented by biwakokayo4 at 2005-09-30 01:25
酒屋さんの裏手の話がいいですね。
その様子が目に浮かぶようです。

この狭い空き地は商店街の中とは
見えませんね。
でも、ちょっとホッとします。
Commented by saku-la-saku at 2005-09-30 10:33
御成通りに由比ヶ浜通り。小さいけど独特の雰囲気を持つお店が多くて歩くのが楽しみな通りですよね。
そして、ここの酒屋さんの量り売り紹興酒が好きです。
立ち飲みカウンターはまだ未体験。密かな憧れの場所です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-09-30 23:59
biwakokayoさん、毎回、言いたかったり、表現したかったりすることを、うまく言い当てててくれます。
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-10-01 00:01
saku-la-sakuさん、由比ヶ浜通りの「嶋屋」という家具屋さんが渋くて、必ず立ち寄ります。
ここの立ち飲みカウンター、別世界です。


<< 鎌倉写真散歩の続きの続き。      冒険の続き。 >>