2005年 11月 12日

海、雲、陽。

 朝方降っていた雨はすぐに上がり、西に雲の切れ目が見えたと思ったら、次第に東に向かって青空が広がった。七里ヶ浜の海は、天気の変わり目に精彩がある。東に残った雲が見える海の上に、雲からのぞいた陽が落ちて光り、いつにない表情ができた。
(Kiss Digital N)
b0022268_2182730.jpg


by hirofumi_nakayama | 2005-11-12 21:24 | sea,shore,beach | Comments(10)
Commented by biwakokayo4 at 2005-11-12 21:42
光が優しいですね。
しばらく佇みたい・・・。
砂浜がきれいですがお掃除されているのでしょうか?
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-11-12 22:01
今朝も、そうですけど、時々ボランティアの方々が、大挙して浜辺のゴミを拾ってくれています。サーファーの人たちも、浜辺をきれいにすることに熱心です。
Commented by july at 2005-11-13 00:25 x
なんともいえない、不思議な光ですね。
まるで、スポットライトで照らした舞台のよう...!
主役は波?それとも...。
暖かそうな陽射しに、触れてみたくなります。
Commented by YUTA at 2005-11-13 09:13 x
空、海、浜辺、全てが絶妙な光のバランスですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-11-13 19:37
julyさんというハンドルネーム、すてきですね。
秋日和の一日でした。出会おうと思うと、なかなか出会えない陽射しでした。
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-11-13 19:40
YUTAさん、毎週走っていると、シャッターチャンスに恵まれる日に出会えます。明日出会えるかは、分りませんが。
Commented by july at 2005-11-15 00:56 x
ありがとうございます。7月生まれです。
いつも覗き見ばかりですみません。
一日の終わりに、こちらに伺うのが日課に近くなっています。
幸せな気分になります。
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-11-16 00:24
julyさん、ありがたいコメントです。ありがとうございました。
いつも、試行錯誤で写真を撮っているので、julyさんのように言って頂けると、また撮影意欲が湧いてきました。
Commented by watasi05 at 2005-11-16 21:15
空と海が 一体になって 「繭」 になってしまったようですね。

包み込まれそうな感覚です。   美しい。。です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-11-16 23:02
watasiさんの言葉って、刺激的ですね。「繭」ですか、うなりました。


<< 「わたしの木」の紅葉。      空き地劇場の続き。 >>