2005年 11月 22日

丘の上から太平洋。

 鎌倉高校前から走って坂を上がり、峠を越えて広町の森に入る。
 途中で、振り返って太平洋を望む。波の無い鏡のような海面に、光と風が作る繊細な表情があった。

 昨日お会いした達人のプロカメラマン、高橋和幸さんから、緊張感を見いだす眼が大事であること、そして構図の重要性を教えてもらった。少しでも高橋さんに近づけるよう、こちらも感性を緊張させなければ。二人展を開きましょうという高橋さんの冗談を夢見て。(05/11/20 Kiss Digital N)
高橋さんの写真集:「Les createurs de temps」(Shellman)
b0022268_22131859.jpg


by hirofumi_nakayama | 2005-11-22 22:19 | sea,shore,beach | Comments(2)
Commented by biwakokayo4 at 2005-11-22 22:44
海面のきらめきが見事ですね。
船の航跡もあって動きも感じられます。
二人展開いてください。
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-11-22 23:39
biwakokayoさん、高橋さんとの二人展は、実力が天と地ほど開き過ぎて、まず無理ですが、いつか自分の展示会ができるといですね。biwakoakayoさんの展示会、考えてみたらいかがですか。


<< ご近所の通り道。      七里ヶ浜の夕景・11月20日篇。 >>