2006年 01月 21日

七里ヶ浜の雪景色。

朝、起きると外が真っ白でびっくりした。午後になると、湿り気の強い雪に変わった。海岸に降りてみると、いつもはたくさんのクルマで賑わう駐車場に、轍の表情だけがあった。
b0022268_21292565.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-01-21 21:41 | sea,shore,beach | Comments(12)
Commented by fondly_touch at 2006-01-21 21:44
うわぁ、あの場所が今日はこんな表情だったのですね。この姿もいとおしいです(笑)。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-01-21 21:55
fondly_touchさん、実は、海の写真にするか駐車場の写真にするか、掲載する写真を選ぶのに、20分くらいかかっていました。
Commented by biwakokayo4 at 2006-01-21 21:57
素敵な轍を見つけられたのですね。
花丸みたいです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-01-21 22:12
biwakokayoさん、花丸、なるほど、そのイメージ、ぴったりですね。気が付かなかった。
Commented by jj at 2006-01-21 23:41 x
ナスカの地上絵のよう...
Commented by YUTA at 2006-01-22 09:46 x
雪の日のモノクロって良いですよね。
このサークル、綺麗な円を描いてますね。
Commented by Topino at 2006-01-22 13:15 x
私も朝起きて、辺りが真っ白なのに驚きました。こういうサプライズはなんだかワクワクしますね。前の日の夜にはなんの前触れもなかったのに。
Commented by みちる at 2006-01-22 19:44 x
わ!いったい駐車場でどんなドラテクが披露されたのだろう!?∑(’-’ノ)ノ
これも一種の「ミステリーサークル」ってやつかも知れませんね(笑)
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-01-22 20:33
jjさんのモノクロの静謐な迫力に、動きのある地上絵で対抗しました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-01-22 20:35
YUTAさん、サークルの他に、実はさりげない足跡に引かれました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-01-22 20:42
topinoさん、酔って遅く帰ってきた前の日の夜は、疑いも無く、翌朝のランニングのことしか考えていなかったので、サプライズでした。まっ先にどんな写真が撮れるだろうとワクワクしていましたね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-01-22 20:44
みちるさん、迷いのないサークルですよね。ドライバーは、きっとあたり一面真っ白な世界に喜んで、浮き浮きしてハンドルを回していたのでしょうね。


<< 七里ヶ浜の夕景・1月22日篇。      光臨。 >>