2006年 02月 24日

金曜日の雨の夜。

鎌倉、小町通りの裏露地。予報されていた雪が降らなかった代わりに、湿った雨の匂いを楽しむことができた。
b0022268_23152613.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-02-24 23:16 | in Kamakura city | Comments(12)
Commented by biwakokayo4 at 2006-02-24 23:31
雨の日の楽しみは灯りが綺麗に見えることですね。
路面の反射もあってますます美しいです。
乾燥した冬の空気と違って
しっとりとした空気が感じられますね。
雪の予報だったのですか?、びっくり。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-02-25 09:37
biwakokaoさん、雨が降ると、裏露地の湿った路面が私を待っているような気がします。夕焼けを受ける波打ち際のようなものですね。麻雀屋さんの黄色い灯りが夕陽のかわりでした。
Commented by donq_mwa at 2006-02-25 16:27 x
全東洋街道。マカオの裏通り。部屋の中の騒々しさを消し去る鈍い光の路地。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-02-25 20:22
donq_mwaさん、久し振りに藤原新也の集英社文庫版「全東洋街道」を引っ張り出してみました。何度も眼を通した本でした。
Commented by chizu at 2006-02-25 21:47 x
グリーンやネオンのイエローが雨の裏路地をひきたてていますね。
Commented by でんきがま at 2006-02-25 22:59 x
いい写真ですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-02-26 10:16
chizuさん、週末の金曜日、しかも雨が降ると、ビールに引かれるのか、ネオンに引かれるのか、裏露地に足を踏み入れています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-02-26 10:26
でんきがまさんからコメントを頂くのは、初めてでしょうか。(間違っていたらごめんなさい)今後ともよろしくお願いします。
Commented by でんきがま at 2006-02-26 11:48 x
実は15年くらい前に藤沢の片瀬にすんでいて、blogをみて懐かしいなあと思い勝手にリンクさせてもらっています。
nakayamaさんの写真をみていると当時のこととか思い出せたり、元気がでてくるんですよ。
Commented by lovecmama at 2006-02-26 12:17 x
路地裏の生活くささの中にも春は忍び寄ってきていますね。住む人の温かさが感じられます!久しぶりにまたお邪魔します。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-02-26 19:19
でんきがまさん、そうだったのですか。片瀬に住んでらしたのですか。これからも、七里ヶ浜と近辺にこだわって、日々、写真を掲載していくつもりです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-02-26 19:23
lovecmamaさん、久し振りです。Welcome aboard again!
lovecmamaさんの肉声のコメント、とても楽しみにしています。


<< 空倉庫リルケは遠く冬燕 愼平      冬銀河詩人は嘘を磨きつつ 愼平 >>