2006年 02月 26日

鎌倉、赤のギャラリー。

一日中、冷たく強い雨が降り続いた。ランニングもテニスもお休み。
代わりに、暖かいものを探しに、テーマカラーを赤と決めて、カメラと傘を手に、午後から1時間ほど鎌倉の街を散歩した。
b0022268_1865367.jpg




b0022268_189127.jpg
b0022268_1892322.jpg
b0022268_1883330.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-02-26 18:10 | in Kamakura city | Comments(12)
Commented by biwakokayo4 at 2006-02-26 18:21
雨の中、お散歩されたのですね。
私は、今日は一歩も出ませんでした。(笑)
最後の1枚の赤が印象的です。
それは赤の分量の多い、2,3枚目が効果的にならべられているからかも知れません。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-02-26 18:28
biwakokayoさん、早速のコメントをありがとうございました。
休日はじっとしていられない性格で、カメラを片手に徘徊しました。
見抜かれましたね。写真の順番に迷って、何回かやり直して、この姿に落ち着かせました。
赤の分量の最も少ない写真が、いちばん、気に入っている写真です。
Commented by private_glass at 2006-02-26 20:44
うーん、非常にセンスのよい並びですね。
写真もいつものように、想像力をかきたててくれる写真で素敵です。

ちなみに私も今日は1日自宅でした。。。
Commented by tame_chan at 2006-02-26 21:02
どれも魅力的です。
この天気のせいか、赤がとても新鮮です♪
最初の一枚目も魅惑的だけど、最後の写真も大好きです。
Commented by YUTA at 2006-02-26 21:16 x
ヒロさん、僕も今日雨の中カメラを持ち歩いたのですがさっぱりでした。
同じ雨の日の撮影なのに、ヒロさんとの差は何なんでしょう(T_T)
楽しくなる様なテーマを考えるのも良いですね。
赤のギャラリー、本当に暖かみを感じましたよ。
今日は寒かったですもんね~。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-02-26 21:56
plivate_glassさんの写真のように、1枚目はガラス越しに撮りました。ガラスに映り込んだ街路樹の影を意識しました。
組写真のように、写真の並び方で、それぞれの写真が違って見えてくることがあるとしたら、写真て奥深いですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-02-26 21:59
tame_chanさん、確か、ワンちゃんの胸にあった服にも、赤の色が利いていたような。
まるで私のことを待っていたように、格好の舞台に赤い実が落ちていました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-02-26 22:01
YUTAさん、迷う時には、テーマを決めていると、向こうから撮ってくれと、シーンが現れてくるようです。YUTAさん、是非一度試してみて下さい。
Commented by high2high2 at 2006-02-26 23:45
ン〜良い〜ですね〜散歩して!ア!見〜つけた〜って感じで・・・シャターカチャ!で、トリミングなしですか?
Commented by lovecmama at 2006-02-27 12:12 x
イタリアンな女性のお風呂上りの浴衣姿のように見えます。4枚あって完成ですね!
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-02-27 23:07
バシさん、トリミングで、下に「CAMPARI」という言葉があったのを切り詰め、唇の赤に画面が集約するようにしました。
テーマを決めて歩いていると、「見ーつけた」っていう瞬間があります。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-02-27 23:13
lovecmamaさん、お風呂上がりの浴衣姿ですって? 
そのイメージは、赤の色が濃くなりますね。
赤、4枚を串刺しです。


<< 梅一輪ほどの。      空倉庫リルケは遠く冬燕 愼平 >>