2006年 03月 11日

江の島、片瀬橋暮情。

b0022268_2019229.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-03-11 20:19 | sea,shore,beach | Comments(16)
Commented by biwakokayo4 at 2006-03-11 22:33
こういう暗くなる前の空のブルーが好きです。
歩道やガードレールがピンクに見えますね。
元々この色ですか?
おしゃれですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-03-11 22:55
biwakokayoさん、ホワイトバランスを曇に設定して、予め色温度を上げていました。見た目にはこの感じで、素直に撮ると、感じたものと違っていたはずです。
Commented by tame_chan at 2006-03-11 23:27
う〜ん、いいですねーーー
フラフラと散歩に出かけたくなる・・・そんな陽気がぐんぐん近づいてる。
私も色温度高めにとるのが大好きです♪
でも、こんな色になるなんて・・・いい色ですね!
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-03-11 23:56
tame_chanさんに紹介したい「小屋」という片瀬橋のたもとのレストランからの帰り道でした。
江の島から七里ヶ浜まで歩いて帰りました。
Commented by lovecmama at 2006-03-12 11:49 x
シカゴで最後に見たoff shore road沿いの景色に似てる~!一瞬日本じゃないと思いました。ましてや片瀬とは・・・!nakayamaさんって色のmagician!
Commented by private_glass at 2006-03-12 17:17
nakayama-san
こんにちは。
片瀬から七里ヶ浜まで徒歩とはしかしいい運動ですねぇ。
カメラ片手だと、楽しいかもしれないですけれどね。
釣りにも久々に行きたくなる暖かさです。
(平塚からよく船で釣りにいくのですよ)
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-03-12 22:17
lovecmamaさん、シカゴは仕事で二泊を過ごしたことがあります。off shore road 行ってみたかったです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-03-12 22:25
private_glassさんは平塚にお住まいなのですね。
ずっと富士山を見ながら、浜のサイクリングロードを平塚の近くまで走ったことがありました。富士山が白いうちに、カメラを抱えて、もう一度走ってみたくなりました。
Commented by tame_chan at 2006-03-13 10:24
「小屋」というレストランですか??ウワァ、なんだろなんだろ♪♪
hirofumiさん、素敵なお店知ってそうだから、とても気になります!
名前も魅力的だし・・・
Commented by japanets1127 at 2006-03-13 21:17
色合いが素敵ですね。
このくらいの時間帯、私も好きです。
随分歩道が綺麗になりましたね~。
Commented by chizu at 2006-03-13 21:32 x
hiroさん、お久しぶりです!
すんごい、いいですね~。最高に素敵です。
片瀬橋慕情・・オシャレです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-03-13 22:58
tame_chanさん、「小屋」、木のかたまりのような外観です。片瀬の漁港の入り口にある、隠れ家のような料理屋さんです。
オーナーも写真に造詣の深い方なんです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-03-13 23:00
japanetsさんのよく出没される場所ですよね。
片瀬橋も含めて、片瀬の漁港の大改造が進行中です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-03-13 23:07
chizuさん、江の島も色々な表情を見せてくれます。
いつもと違う自分の写真を狙ってみました。
Commented by private_glass at 2006-03-14 07:16
nakayama-san
私の住まいは横浜です。
平塚からの釣りは、以前厚木に10数年居た事もあり、その当時のつながりで平塚まで今でも通っております。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-03-14 22:53
privte_glassさん、そうでしたか、失礼しました。
私も、ひととき、横浜市の本郷台に住んでいたことがあります。


<< 春の嵐。      小町の裏露地、金曜日。 >>