2006年 03月 12日

春の嵐。

春二番か三番の強い南風が吹き荒れて、海も森も、一日中轟々と唸った。午前中は、まだ比較的穏やかだった。
b0022268_20135150.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-03-12 20:15 | sea,shore,beach | Comments(8)
Commented by biwakokayo4 at 2006-03-12 22:14
風があり波が出ると喜ぶ人たちもいるんですね。
二人が、さあ海へ・・・という気持が感じられます。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-03-12 22:53
biwakokayoさん、二人とも赤いボードを抱えていました。
そのボードが時々風に煽られていました。
Commented by YUTA at 2006-03-12 23:30 x
そうか・・・、サーファー達には恵みの風ってところですね。
僕は風の強い日は苦手なんですが。
Commented by tame_chan at 2006-03-13 10:28
ほんと、風の生暖かさが不気味でしたね。
普段の穏やかな波じゃ満足できない上級者には嬉しいんでしょうね。
もちろんリスクも覚悟の上で。。。
Commented by high2high2 at 2006-03-13 14:51 x
この季節は風をかわすポイントに移動するんですよ〜。風で波がグチャグチャになってしまうでしょ・・・。この風とこの波で一番喜んでいるのは・・・ウインドサーファー達ですね〜、飛びまくり〜。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-03-13 22:48
YUTAさん、サーファーにも風はよしあしで、強すぎるとしわしわの表面になって、かえって乗りにくくなるようです。
痩せているので、走っていると風に体がもっていかれそうで、私も風は苦手です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-03-13 22:51
tame_chanさん、個展の準備はいかがですか。お忙しいことでしょう。
いつか、個展と写真集。私の叶わぬ夢です。先を越されました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-03-13 22:54
バシさん、風も強すぎるとぐちゃぐちゃになるんですよね。
ウィンドサーファーの天下。でも、この日は意外に、坂ノ下でもあまり見かけませんでしたね。


<< 鎌倉山の桜。      江の島、片瀬橋暮情。 >>