2006年 04月 17日

春の道。

 鎌倉に帰ってきた、とここに立ち止まって思う。道の脇に植えられた八重桜に花が開き、その桜の木が春の陽を受けて道に影を落とし、道の先にある手すりのついた階段の手前で猫が佇んでいる。
 猫の先に見える。階段を下って谷戸の道に出ると、菜の花とエンドウの花が咲いている空き地があって、鳥の声が上から降ってきて、谷戸の先には小川があって、谷戸はまた小川の向こうで別の谷戸に通じている。
(photo:06/04/15)
b0022268_22295692.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-04-17 23:47 | in Kamakura city | Comments(8)
Commented by biwakokayo4 at 2006-04-18 00:04
影がくっきりときれいですし、猫もこちらを振り返っていて
この先を歩きたくなる道です。
落ちた赤い椿(?)の花もいいですね。
大きく切り取られた風景ですが、
nakayamaさんの目線が良くわかります。

Commented by hirofumi_nakayama at 2006-04-18 00:13
何でもないような写真を、biwakokayoさんが活き活きとさせてくれました。
Commented by asanomi33 at 2006-04-18 17:49
ここはどこかしら?やはり山に囲まれているだけに、階段から見下ろすまたは見渡す風景が懐かしいです。
そういえば今日、駅前のあらいやさんがアンセルモのカフェとしてオープンしたはずですがどんな感じなんでしょうね。。。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-04-18 22:51
asanomiさん、市営プールの裏の丘の中の一画、といったら分かりますか?
あらいやさんのあとのアンセルモのカフェバー、確かに外装のペンキが変わったことは分かりましたが、店の前を見ることもなく七里ヶ浜の駅に入ってしまい、帰りにはすでに閉まっていたので、どんな風な様子かちっとも分かりませんでした。
壁に並んだ自動販売機はそのままだし、行合橋の方から見ると、あまり変わったようには見えませんでした。
Commented by asanomi33 at 2006-04-19 20:41
市営プールの裏ですか。踏み込んだことがないかも知れません。
今日、七里に寄りましたがアンセルモカフェはすでに閉まっていました。
16時までだそうです。もしかして、レストランの休憩時間だけ営業してるのかも。。。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-04-19 22:25
asanomiさん、今日も帰りがけに見てみると、店は閉まっていました。レストランの休憩時間だけの営業、そうかも知れませんね。七高の生徒は利用しているのでしょうか。
Commented by NYlawyer at 2006-04-20 16:12
かなりお久しぶりにコメントします。私はどちらかというと、海よりもこういう山の風景や狭くて、急で、整備されていない道を見るときの方が、「あー鎌倉だなあ」と実感する人間です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-04-20 23:06
NYlawyerさん、お久し振りです。
この写真、実は自分でとても気に入っています。
他の人では撮れない自分の鎌倉を撮った、と思いました。


<< 海を見る八重桜。      桃の花の季節。 >>