2006年 04月 22日

浜の春。

一本の柱の先にカラスが止まる。まだ肌寒さの残る一日。が、海岸には、ハマダイコンが咲き始めていた。
b0022268_20133940.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-04-22 20:14 | sea,shore,beach | Comments(6)
Commented by tame_chan at 2006-04-22 21:20
ハナダイコンとハマダイコンなんですね〜
肌寒さがすごく伝わってくる・・・
下の小料理屋、粋な肴ばかりでとても魅力的で〜〜♪
写っているおかみさんのお手製ですか?
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-04-22 22:41
tame_chanさん、このハマダイコンの根は固くて食べられないそうです。
小料理屋さん、若鳥の紅茶煮なんていうメニューもあります。どれも、間違いなくうまい。今は、山菜の天ぷら盛り合わせが旬の味です。ご主人と奥さんの二人で料理しています。
Commented by biwakokayo4 at 2006-04-22 22:45
まだ、近頃、肌寒くて着るものに困ります。
春なのに・・・。
薄着しても携帯カイロを使っていたりします。(笑)
この写真もうすら寒さが伝わってきます。
このボードはもう使われていないのでしょうか?
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-04-22 22:55
biwakokayoさん、薄着して携帯カイロ、川柳になりそうですね。
このボード、使用済みになったものを、塀の代わりに使っているのですね。
Commented by tetsushi.s at 2006-04-23 19:53
若鳥の紅茶煮!!ちょっと気になります!(笑)
この写真、もう少し周囲も見てみたいですね。寂びた雰囲気がいいです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-04-23 22:49
tetsusiさん、鎌倉にお出での節は、どうぞ小町の「長兵衛」をご贔屓に。


<< 小雨の彩り。      花より団子。 >>