2006年 06月 07日

山アジサイの隠れ里。

鎌倉の谷戸の日陰では、紫陽花がよく育つ。姥ヶ谷の谷戸の奥から丘を登っていくと、中腹に、約500種、2000株以上の紫陽花を育てている増渕さんのお宅がある。山アジサイだけでも300種を超えるそうだ。「山アジサイの隠れ里・姥が谷植栽小苑」の表札を掲げ、暫くの間、誰でも自由に招き入れてくれる。ランニングの途中にちょっと覗いてみた。
(photo:06/06/04)
b0022268_22582598.jpg




b0022268_2314719.jpg
b0022268_2321096.jpg
b0022268_23228100.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-06-07 23:02 | in Kamakura city | Comments(15)
Commented by biwakokayo4 at 2006-06-07 23:31
紫陽花が雨を待っているようですね。
いろんな種類があってこれからが楽しみ、
雨上がりの紫陽花を撮りたいです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-07 23:39
biwakokayoさん、雨の受けて、滴を堪えた紫陽花を撮りたいです。
そう思っていた矢先、Kiss Digital N に故障が出て、修理に出しmした。痛手です。
Commented by high2high2 at 2006-06-08 14:19
かわいい〜蝶が飛んでるみたいですね〜
Commented by tame_chan at 2006-06-08 22:38
私も雨上がりの紫陽花を撮りたい!
きれいですね〜〜 今日は長谷寺に行った来ました♪
あれほどいろんな種類があるとは思えませんでした。
梅雨の楽しみがまた増えました♪
Commented by lopvecmama at 2006-06-08 23:52 x
アジサイが、季節到来に満面の笑みで、飛んだり跳ねたり、手をたたいたり。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-09 00:10
バシさん、確かに蝶が飛んでいるみたいに見えてきました。
仲間で遊んでいますね。
違う見方を教えてもらうって、いいですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-09 00:14
tame_chanさん、長谷寺の隣の光則寺もまた、山アジサイの隠れ里と呼ばれています。雨が降ったら、是非、光則寺をお勧めします。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-09 00:16
「満面の笑みで、飛んだり跳ねたり、手をたたいたり」。lovecmamaさんの姿を思い浮かべました。
Commented by でんきがま at 2006-06-09 00:57 x
後半の2種類は初めてみたタイプのあじさいです。
近畿地方も入梅しましたが、まだあじさいみませんね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-09 23:32
でんきがまさん、久し振り。
まだまだたくさんの種類の山アジサイがありました。
桜と同じように、西からアジサイが咲いてくるのかと思っていました。
Commented by でんきがま at 2006-06-12 01:57 x
実は桜も兵庫北部は鎌倉や東京よりも1週間くらい遅い感じがします。
今日もうろうろしてみましたが、あじさいはまだつぼみのようでした。
ところでKISSDNは故障したのですか?
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-13 00:04
でんきがまさん、Kiss DNは、データをパソコンに送れなくなり、内蔵のストロボをポップアップできなくなりました。
Commented by でんきがま at 2006-06-13 00:27 x
なるほどそういう故障でしたか。
僕も今1台しかなくて、気にせず撮影しているので故障の原因がちょっと気になりました。
控えのボディが欲しいですがレンズも持っていないので、なんとか一山当てて撮影機材を増やしたいです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-13 23:08
でんきがまさん、SONYのα100とか、興味のあるカメラが続々出てきましたよ。
でも、私は、Kiss Digi N とCaplio GX の2台の体制を当分続けます。
Commented by でんきがま at 2006-06-14 02:38 x
25年前からキヤノンなので迷わずKISSDNにしたんです。たぶん他メーカーには浮気はしないと思います。


<< 夏の花。      トンビの視線。 >>