2006年 06月 12日

海と雨とアジサイ。

 何か小説が書けそうなタイトルになった。
 紫陽花で有名な鎌倉でも、海と紫陽花を同時にとらえられるポイントは、遠景に由比ヶ浜を望む成就院を除いて、海岸沿いの遊歩道の間にあるこの一ヶ所しかない。少なくとも、由比ヶ浜から江の島の間で。
 ワールドカップの日本の初戦のオンエアに間に合った。
(photo:06/06/11 Caplio GX)
b0022268_21162650.jpg




b0022268_14193683.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-06-12 21:20 | sea,shore,beach | Comments(16)
Commented by fondly_touch at 2006-06-12 23:03
アジサイのキモチ、アジサイが何を感じているかを知りたくなります。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-13 00:00
fondly_touchさん、アジサイの気持ちにイマジネーションがいくこと、教えられました。
Commented by biwakokayo4 at 2006-06-13 00:07
海を眺められる紫陽花は幸せでしょう。
江ノ島まで・・・・贅沢。
私は琵琶湖と紫陽花の入る場所を見つけているのですが、紫陽花がまだ1株しか咲いてなくて・・・。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-13 00:14
biwakokaoさん、エーゲ海と違う風景でしょ。
琵琶湖の近辺は、鎌倉より気温が低いのでしょうか。
Commented by でんきがま at 2006-06-13 00:29 x
よく考えたら入梅以後、雨がほとんど降っていません。
確か雨が降らないとあじさいは咲かないですよね?
Commented by chizu at 2006-06-13 07:50 x
貴重なポイントですね。
本当に小説が書けそうじゃないですか、hiroさん。

日本残念でした。
Commented by eiji28e at 2006-06-13 12:39 x
こんにちは
W杯に合せて大枚をはたいたのに
負けちゃったぁ~~
でもカメラの画像を見るのには最高です
いい写真を撮らなくちゃぁ・・・
Commented by tetsushi.s at 2006-06-13 18:57
遊歩道、今度行ってみなければ・・・。

それにしても、W杯は本当に残念でした。
次回は頑張って欲しいですね(^^;)
Commented by lovecmama at 2006-06-13 20:53 x
おいしそうな色ですね!紫陽花も葉も!雨が多いので、今年は花がふくふくとしています。初戦、途中まではとてもエキサイトしたのに、最後尻つぼみでした。ガッカリ;
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-13 22:43
でんきがまさん、うん、そう言えば、雨が降ってから、庭のアジサイも咲き始めたような気がします。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-13 22:50
chizuさん、ちょっとは海と雨とアジサイのお話を考えてみました。
ある雨の日の夜、134号線をバイクで走っていた少年がトラックにはねられて亡くなった。事故のあった場所の電信柱の下に、毎月忘れずにガールフレンドと母親が花束を置く。6月になるとアジサイの花を入れることを忘れない。少年が亡くなったのは、5年前の梅雨の頃だった。
電信柱の下の花束は、実際に私が見た光景です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-13 22:56
tesushiさん、昨夜はとても不幸な気持ちで寝床に倒れ込みました。
遊歩道のアジサイ、一株だけです。写真の印象よりずっと小さいです。見落とさないように気をつけて歩いてみて下さい。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-13 23:00
lovecmamaさん、もうちょっとでしたね。5・3で勝っていて
、フォーティ・サーティのマッチポイントを握っていたのに、3ゲームを連取されて負けてしまったような気分です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-13 23:03
eijiさん、高いテレビを買ったのですね、
療養生活、大変でしたね。これからは、どんどん写真が撮れますね。
Commented by chizu at 2006-06-13 23:41 x
hiroさん、ジーンときてしまいました。
私の家のまわりにも、会社の近くでもあまりみることのできない紫陽花ですがhiroさんがいつもみせてくださることですごく好きになりました。
そしてhiroさんの短編小説と電信柱の下の花束のこと。
こみあげるものがあります。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-13 23:48
chizuさん、母親と妹さんでしょうか、母親とガールフレンドでしょうか、実際に花束を置く姿を見ながら脇を走り抜けたことがありました。


<< 開田。      音なしの浜。 >>