2006年 06月 26日

艶。

この土曜日の午後、鎌倉を囲む山を辿る16キロのコースを走った。七里ヶ浜から海沿いに走ったあと、材木座の市街地を抜け、天園、源氏山、裏大仏の三つのハイキングコースを含む山道のコースを巡って七里ヶ浜に戻る。二階堂で出会ったタチアオイの花にどきっとした。
(06/06/24)
b0022268_2255236.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-06-26 22:56 | in Kamakura city | Comments(16)
Commented by tetsushi.s at 2006-06-27 00:06
ヤマユリとともに、ダイナミックに寄れていますね。
画面いっぱいに広がった花が、hiroさんの心を表すかのようです。
Commented by でんきがま at 2006-06-27 01:03 x
最近タチアオイの名前を覚えました。
いろんな色のが咲いているのをよく見かけます。
Commented by biwakokayo4 at 2006-06-27 11:33
昔見たフレンチカンカンを思い出しました。(笑)
かわいくて、こっちの方がいいです。
Commented by lovecmama at 2006-06-27 18:48 x
あでやかな立ち姿です!ついフラフラ~っと近寄ってみたくなる雰囲気ですね。この世のものと思えないものを撮るのが上手ですよね!
Commented by high2high2 at 2006-06-27 20:55
きれいな 花ですね〜。太陽いっぱいに ポカポカ笑ってる〜
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-27 22:43
tetsushiさん、さすがに、寄りの写真を見てくれましたね。
マクロのレンズがないので、気迫で対象に迫ることにしてます。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-27 22:45
でんきがまさん、白、ピンクのタチアオイがあります。
いちばん、頭の中にあるのは、長野の高原で見たこの花です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-27 22:47
biwakokayoさんの直感の力は、もやもやとして予め見ていた世界を見せてくれました。フレンチカンカン、ほんとですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-27 22:49
lovecmamaさん、ありがたい言葉を頂いて恐縮です。
まず感じて、それこそ、ふらふらと近づいてシャッターを押しました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-27 22:50
バシさん、あっけらかんと笑ってましたね。
たじたじでした。
Commented by furuta69 at 2006-06-28 01:14
この写真は元気が出る写真ですね♪
パワーを貰いました*'☆.:*:'☆':*:

今日は七里ではなく鵠沼に行きました*
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-28 23:33
furutaさん、鵠沼海岸の子供の写真、いいですね。ニコパチじゃなくて、自然で。その場にいるような錯覚におちいりました。
Commented by furuta69 at 2006-06-29 20:20
ありがとうございます!
あれジャンクなアンティークロシアレンズなのです♪

サーフィンの季節になったので海写真も沢山アップします*
七里ガ浜に波乗り友達もいますので
七里写真アップしますね^-^

話は変わるのですが小説を書いていて
七里ガ浜が登場するのですが
その際にこちらの素敵な写真を拝借出来たら
嬉しいのですが★
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-29 22:27
furutaさん、ロシアのカメラだけでなく、レンズもいい味を出してくれるのですね。
私の写真をかって頂いてありがとうございます。でも、私の書く小説に、私の写真を使う夢を持っています。それまでは、そっとしておいて下さいね。私の写真を使うのは勘弁して下さい。
Commented by furuta69 at 2006-06-30 00:23
あー小説も書かれるのですね!
それでは夢を壊してはいけないので
写真使用の件は撤退します^-^
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-06-30 23:15
furutaさんは、ご自分で私よりいい写真を撮れるじゃないですか。
ライカには負けます。


<< 鎌倉植物図鑑。      森のお姫さま。 >>