2006年 07月 02日

七里ヶ浜の夕景・7月2日篇。

夕焼けに間に合う時間に、七里ヶ浜に帰ってきた。
(CANON EOS Kiss DN)
b0022268_21591577.jpg




身じろぎもせずに、ずっと夕陽を見続けている人がいた。
b0022268_2135655.jpg

風が強かった。砂が飛んできてばちばちと頬に当たった。
b0022268_2154787.jpg
b0022268_21673.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-07-02 21:06 | sea,shore,beach | Comments(14)
Commented by でんきがま at 2006-07-03 07:10 x
間に合いましたね。
富士山もちゃんと見送りにきてるし。
Commented by chizu at 2006-07-03 10:29 x
hiroさん、おかえりなさい。
おつかれのところ、素敵なおみやげありがとうございます。
素晴らしいお出迎えですね。

Commented by biwakokayo4 at 2006-07-03 10:41
帰ってこられてすぐに浜辺まで行かれる元気がすごいです。
でも、行かれた甲斐あっての素晴らしい風景ですね。
1枚目の人が何をしているのか気になります。
海のほうを見ていらっしゃるのでしょうか?
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-07-03 23:54
でんきがまさん、そちらにはアジサイ祭りがあるのですね。
山中湖を出た時には激しい雨が降っていたのに、七里ヶ浜に着いたら陽が射していました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-07-03 23:56
chizuさん、「素晴らしいお出迎えですね」って、ほんとに、七里ヶ浜は迎えてくれる場所です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-07-03 23:59
biwakokayoさん、12時半に山中湖を出て、4時15分に七里ヶ浜に着き、すぐにテニスウェアに着替えて1時間ほどテニスをしたあと海岸に降りました。
ずっと背筋を立てて夕陽に向かっている人がいました。その人の影が写っています。
Commented by nao at 2006-07-04 00:11 x
すてきな写真。

待っていたのは 夕焼けに浮かぶ 貴方の 横顔

 
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-07-04 00:19
naoさん、今日もjoy、聞きましたよ。
Commented by でんきがま at 2006-07-04 00:20 x
あじさいまつりは姫路市と合併した以前の安富町で毎年あります。
モデル撮影会(無料)があるので、今回で3回目の参加になります。
毎年昼休みに、イベント会場でバザーの焼きそばとかもちとかを食べたり、お点前をもらいにいくのですが、今年はお点前はありませんでした。
来年はひょっとしたらモデル撮影会がなくなるのかもしれないかな?と思っています。
時期がピークを過ぎていてあじさいがあまり咲いていなかった年もありました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-07-04 00:25
でんきがまさん、お目当ては、あじさい、モデル、焼きそば、どれでしょう?
Commented by でんきがま at 2006-07-04 22:14 x
柏餅だったんですが、後で買おうと思っていたら売り切れました。笑

実は地方のまつり事はいろんな楽しみがありますよ。
地ビールもあったりするし。おいしいモノ。遠くへいくって楽しみもあります。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-07-05 01:45
でんきがまさん、転勤で広島に4年いたことがありますし、地方にしかない素晴らしい楽しみは分かります。皮膚にしみ通るような楽しみですね。
Commented by tetsushi.s at 2006-07-06 23:48
うわー!
一枚目、素晴らしいですね!!!!!
ある意味、時代を象徴するような。
いいタイミングでのシャッターです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-07-08 00:29
tetsushiさん、琴線に触れるコメントをありがとうございました。


<< 駅前夜景。      緑陰の安らぎ。 >>