2006年 07月 12日

山翳に青き双耳の夏の使者 一洲 

十六夜山道に近い小さな谷戸道の脇に、ツユクサが咲き始めていた。
(06/07/09 CANON EOS Kiss DN)
b0022268_23141739.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-07-12 23:14 | in Kamakura city | Comments(4)
Commented by biwakokayo4 at 2006-07-13 00:05
梅雨にはツユクサですね。
こちらではアオバナと言うツユクサの大型版みたいな花が咲いています。
また、UPしますから見てくださいね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-07-13 22:18
biwakokayoさん、アオバナですか。
楽しみにしています。
Commented by fondly_touch at 2006-07-14 01:37
涼やか・・・。夏にこのお花を目にすると、寒々しくない、温かみある涼やかさを感じます。十六夜山道、なんてあるのですか?素敵な名前の山道ですね、興味がわいてきました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-07-14 23:30
fondly_touchさん、十六夜日記を著わした阿佛尼の庵が、極楽寺と稲村ヶ崎の間にありました。その庵の裏山の小さな山道を、私が勝手に十六夜山道と名付けました。


<< 梅雨空を焦す炎。      小峡谷。 >>