2006年 07月 31日

七里ヶ浜の夕景・7月31日篇。空と海。

今日からプライベートの夏休み。といっても、自宅でのんびり。やっぱり、夕刻になると、七里ヶ浜の浜辺に降りている。空に浮かぶ雲がゆったりと流れ、沈んでいく夕陽を受けて刻々と色を変えていく景色は、いつでも見飽きることがない。そして、眼を海に移すと、夕陽を受けて淡々として静かで豊かな表情を映すその海を、またいつまでも見続けてしまう。
(CANON EOS Kiss DN)
b0022268_20432982.jpg

b0022268_2044396.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-07-31 20:44 | sea,shore,beach | Comments(5)
Commented by chizu at 2006-07-31 23:21 x
自宅からちょっと出ただけで、そんな素敵な時間を過ごせるhiroさんが
羨ましいです。
最高ですね・・。よいお休みを。
Commented at 2006-08-01 10:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by biwakokayo4 at 2006-08-01 15:23
毎日見ていても雲の形も
風景の色も違うから飽きませんね。
特に風に吹かれるのが気持ちいいですね。
琵琶湖の風は海風と違ってベタベタしません。
私も空と雲を見上げるのが好きです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-08-01 21:52
chizuさん、南側に海が広がるロケーションに感謝しています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-08-01 21:58
biwakokayoさん、海は、毎日、表情を変えるので、まるで見飽きません。
波打ち際で写真を撮っていると、たいがい足が波に浸かり、砂で真っ白になってしまいます。琵琶湖ではそんなことがないででしょうね。


<< 夏休み。      梅雨、明けまして、おめでとう。 >>