2006年 08月 12日

七里ヶ浜の夕景・8月12日篇。

テニスをしていると、3時過ぎから急に雷雨が降り始め、「大雨洪水警報が発令された」と、広報車のアナウンスがあった。5時半、雨が止んだのを見て、海岸に降りた。
(CANON EOS Kiss DN)
b0022268_2193214.jpg




b0022268_2135999.jpg
b0022268_213604.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-08-12 21:08 | sea,shore,beach | Comments(4)
Commented by MarkyAdel at 2006-08-12 23:56 x
今日の雷雨は凄まじいものがありましたね。そちらの方面は特にひどいようでしたが。

雲のあいだから差し込むように降りてくる光のことを「天使の梯子」というのだと、以前教えてもらったことがあります。 それは見つめる人に幸福をもたらす兆しなのだと。

幸せのおすそ分けに、感謝します。
Commented by biwakokayo4 at 2006-08-13 07:45
こちらもすごかったですよ。
友人と喫茶店に逃げ込んでやり過ごしました。
でも、ガラス張りなので雷が丸見えで怖かったです。
夕方、近くの東レの工場に落雷して火事になったそうです。
それを夜、比叡山から目撃しました。
いつまでも燃えて・・・

1枚目の光芒がくっきりときれいですね。
こういうのはなかなか撮れません。
雲の隙間がいい具合だったのでしょう。
海面や波打ち際まで映ってますね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-08-13 20:45
MarkyAdelさん、大粒の雨が急に落ちてきて、すごかったです。
「天使の梯子」と言ったり、「天使の階段」と言ったりしますよね。同じことか。
振り返ると、わずかですが、虹も見えていました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-08-13 20:53
biwakokayoさん、テニスをしている最中に遠くで雷が鳴り始めました。サービスのラケットを振りかざした瞬間にラケットに落雷を受けて亡くなられた方があったので、びくびくしていました。
天候の変わり目にシャッターチャンスがありますね。


<< 切り通しの夏。または、メリー・...      七里ヶ浜駅前花火。 >>