2006年 08月 14日

赤い欄干。

極楽寺の切り通しを登り切ると、櫻橋に至る。櫻橋の下を、トンネルを抜けたばかりの江の電が通り過ぎ、ふっと息をする間に、極楽寺の駅でキキキと音をさせて止まる。そう言えば、なぜ櫻橋というのだろう。櫻橋の赤い欄干は、櫻の色より夏の色。
 (06/08/13 CANON EOS Kiss DN)
b0022268_21405764.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-08-14 21:53 | in Kamakura city | Comments(4)
Commented by biwakokayo4 at 2006-08-15 13:58
暑い日ざしですね。
シルエットの僕ちゃんはアイスを手にしているのかな。
かわいいお顔が見えないから想像しておきます。(笑)
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-08-15 21:54
biwakokayoさん、そう、五百木商店というこのたばこ屋の店の中に入って、アイスキャンディーを買いました。もう、この店のご主人とは顔なじみです。
この店の中から見る陽射しは、店の外で見る陽射しよりもっと強く感じます。
Commented by tetsushi.s at 2006-08-17 21:53
何だか、タイムスリップしたような。
橋がまた、鮮烈で印象的ですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-08-17 22:51
tetsushiさん、古くからある小さなタバコ屋の店の中から撮りました。アイスキャンディーとか、缶ジュースを売っています。
この店の中から見る光は、外で見るより強烈に感じました。


<< ウォーターフロント・フォトグラ...      切り通しの夏。または、メリー・... >>