2006年 09月 04日

花、ドアの向こうは?

 花の写真は難しい。花は、その旬の時期に完成されたフォルムと色彩とで、シャッターを押しただけで、簡単にきれいに撮れてしまう。が、きれいに撮れていても、なかなか美しい写真にはならない。
 美しい写真とは何か。ドアの向こうに花の生命力が見えるかどうかだろうか。その生命力をすくいとれるか、私にはできないことだけど。いつか。
 庭に咲いたホザキナナカマド。一匹の蜂が、花の陰に隠れている。
(06/09/03 Caplio GX)
b0022268_2238024.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-09-04 22:39 | in the home garden | Comments(4)
Commented by biwakokayo4 at 2006-09-05 07:43
何の花かと思いましたが・・・
日に透けて白い花が美しいですね。
それに、緑の葉の形もかわいいですね。
花の写真は難しいと思います。
でも、撮り続けていたら何か見えてきて
自分の思いを乗せて撮れるかななんて・・・
思いながら撮っているのですが、どうでしょう。(笑)
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-09-05 23:07
biwakokayoさん、うん、撮り続ける間に、何をどうやって撮るかを考え続けないと、いくら撮っても同じではないかと、迷っています。
Commented by asanomi33 at 2006-09-07 18:56
ごぶさたしてます。
今までの経験で、白い花は難しいです。
この写真は光を感じるし、花の美しさも感じる。さすがです。
見ていて元気がでてくる一枚です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-09-07 23:26
asanomiさん、確かに、白い花は色が飛びがちで、難しい被写体ですね。
逆光で、背景をシンプルにして、露出補正を1段階か2段階プラスにすると、白い色が浮き出てきます。


<< 透過光。      Remains of the ... >>