2006年 10月 03日

裏窓の灯り。

鎌倉駅を降りて、光を探してくるゲーム。20分ほど御成通りを彷徨して鎌倉駅に戻ってくると、江の電のホームから、カフェ「RONDINO」の背中の窓が見えた。あの窓の向こうに、暖かい空気と優しい喧騒がある。
(Caplio GX)
b0022268_238897.jpg


by hirofumi_nakayama | 2006-10-03 23:08 | in Kamakura city | Comments(4)
Commented by biwakokayo4 at 2006-10-04 06:54
寒くなってくるとこういう家の中の灯りがいいですね。
暖かみがあって・・・
左の窓がテレビか映画のスクリーンみたいです。
外見はゴチャゴチャとしているのにそれも気にならないくらい、室内に目がひきつけられます。
Commented by tetsushi.s at 2006-10-04 21:15
カフェの窓だったのですか。
ずっと気になっていました。
色調が見事に、対比となっていますね。
外と、内。ドラマチックな写真です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-10-04 22:31
biwakokayoさん、秋から冬にかけて、窓から漏れる赤い光に特に惹かれます。ポリバケツ、何のそのです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2006-10-04 22:32
tetsushiさん、外と内のドラマを、しっかり見てくれましたね。


<< 曇り空の淡雪。      古色黄然。 >>