2007年 01月 22日

閑話休題・スナップ篇。

カスタムカーだろうか。土屋鞄製造所のブティックを出ると、派手な形をした赤いクルマが、渋滞中の由比ヶ浜通りで、眼の前に停まった。左側の運転席にいる男性に向かって、「かっこいいですね」と声を掛けると、にんまりと唇の端を曲げた。「撮っていいですか?」とカメラを構えたまま続けて言うと、照れたように、ぎこちなく頷いて前を見た。
(07/01/21)
b0022268_23255698.jpg




b0022268_23305761.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-01-22 23:26 | in Kamakura city | Comments(6)
Commented by high2high2 at 2007-01-22 23:33
すごい〜〜
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-01-22 23:37
バシさん、反応、早いですね。
コメント、ありがとうございます。
Commented by biwakokayo4 at 2007-01-23 08:18
私は車のことがわからないから、
一瞬、事故車かと・・・・(笑)
赤い色で目だって、その上この格好なら・・・
人の目を引きますよね。
男の子も私と同じように思ったかも・・・・
Commented by tetsushi.s at 2007-01-23 20:13
右下の子といい、いい瞬間を撮られましたね。
それにしても、不思議な車です(笑)
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-01-23 23:55
biwakokayoさん、ボンネットがないんですよ。雨が降ったら、どうするんでしょうね。
自己主張も、ここまでくると、立派だと思いました。
オリジナルなものがありますし、徹底しているすばらしさがあります。ピカピカに光っていました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-01-23 23:57
tetsushiさん、勇気もいりますよね、このクルマで街に繰り出すのには。
クルマと反対に、本人はシャイな感じで、そのアンバランスが面白かったです。


<< 七里ヶ浜駅前のアブストラクト。      海を撫でる光。 >>