2007年 03月 12日

昨日の続き。

雲が早い速度で流れて行き、陽が雲に隠れたり現れたり、陽もつるべ落とし、空の色が一瞬で変わり、波打ち際に寄せる波が、強い北風を受けてしぶきとなって舞い上がり、、、
見飽きること無く、立ち尽くす。
(07/03/11)
b0022268_22343636.jpg

b0022268_22354135.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-03-12 22:37 | sea,shore,beach | Comments(8)
Commented by tetsushi.s at 2007-03-13 00:00 x
うわ、なんてドラマチックな。
重くのしかかる雲、荒れる海、ぞくっとしました。
Commented by みちる at 2007-03-13 07:08 x
今日は殊更に詩人ですね。
また寒い冬に逆戻りですが、はやく七里ヶ浜の桜が見たいです★
Commented by biwakokayo4 at 2007-03-13 09:28
波が高く風が強そうですね。
海水や砂がカメラに付きそうなくらい。
こういう時はサーファーとカメラマンが喜ぶのですね。(笑)
Commented by ぷろとん at 2007-03-13 18:25 x
潮のしぶきがこちらまで飛んできそうです。香りもしてきそう。
サーファーたちが嬉しそうですね♪
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-03-13 23:37
tetsushiさん、天候が変化する間の海の表情は、見飽きません。
どこを撮っても絵になりそうな気がする、幸せな瞬間でした。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-03-13 23:38
みちるさん、どうぞ、ミニでここまで遠出して下さい。
来週あたりは、広町の森の山桜が花を開きそうです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-03-13 23:39
biwakokayoさん、サーファーは、カメラマンよりもっと嬉しそうな表情をしてました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-03-13 23:40
ぷろとんさん、サーファーたちが生き生きしてました。オフショアの波って、そうなかなかないんですよね。


<< 浜辺の軽さ。      七里ヶ浜の夕景・3月11日篇。 >>