2007年 03月 17日

海辺の会話。

父と娘が、坂ノ下の浜辺を歩いて行く。
(07/03/11 Caplio GX)
b0022268_2392994.jpg

b0022268_2056010.jpg

b0022268_20553889.jpg

b0022268_23141140.jpg

b0022268_23114873.jpg
b0022268_23121011.jpg
b0022268_23123130.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-03-17 20:56 | sea,shore,beach | Comments(16)
Commented by tame_chan at 2007-03-18 16:06
青色と自転車と親子のシルエット、、、いいなぁ。
映画のワンシーンのよう。
Commented by biwakokayo4 at 2007-03-18 16:43
娘さんが大きくなった時、この日のことを覚えているかな。
どんな話をしながら歩いているのかな~。
とてもいい雰囲気が感じられます。
2枚目、小さな額の中に二人が入った写真みたい。
Commented by japanets1127 at 2007-03-18 19:02
いい色ですね。
「シッピング・ニュース」という映画を思い浮かべました。
映画のワンシーンのようです。
Commented by ぷろとん at 2007-03-18 19:06 x
上の写真は、空と海と浜がボーダーのようで、そこにうつむき加減のふたりと自転車が印象的。
下は横の線と縦の線が加わって、すごくおもしろいです。濡れた浜の色も良いし、下の方が空きです♪
Commented by tetsushi.s at 2007-03-18 20:03
空の色が、凄くいいです!
お父さんのうつむき加減が、何か物語を感じさせますね。
Commented by fondly_touch at 2007-03-18 20:55
このくらいの時刻にこの近くにいました(ゆっくりと腰を落ち着かせた頃にはすっかり夜になっていましたが・・・)。同じ時刻にこんな物語もあったのですね。早朝、パリの小道で、一緒に通勤&通勤する父と息子に不意に行き合ったときのことを思い出しました。瞬時すぎて写真をとることができなかった&カメラをむけない方がいいなとも思うシーンだったので、写真は一枚も残っていないのですが、とてもとても印象深い忘れられない瞬間でした。hirofumiさんの写真はいつも、さりげなくて素敵な瞬間ばかりですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-03-18 21:44
tame_chanさん、お久し振り。
最初から青っぽい色にしてみようと思い、カメラのホワイトバランスを変えてみました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-03-18 21:46
biwakokayoさん、父と娘って、父と息子とはまた別のストーリーがあるようですよね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-03-18 21:48
japanetsさん、久し振り。
「シッピング・ニュース」ですね。一度DVDで見てみます。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-03-18 21:51
ぷろとんさん、実は、5カットか6カットか、続けてシャッターを押しました。自分にも娘がいます。ずっと昔のことを思い浮かべていたのでしょう。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-03-18 21:54
tetsushiさん、予めWBの色温度を変えて、青っぽい色をねらっていました。
ねらっていると言えば、SIGMAのDP1の発売を待っています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-03-18 22:01
fondly_touchさん、近くにいらしたのですね。
きっと自分の経験を再体験するようにシャッターを押しているのかも知れませんね。
Commented by chizu at 2007-03-19 09:34 x
hiroさん、父と娘というのがいいですね・・。
ずっと見ていたらなんだかジワ~ッときました。
Commented by tame_chan at 2007-03-19 20:32
狙い通りだったんですね!ほんと味が出て素敵です♪
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-03-19 23:25
chizuさん、私にも娘がいます。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-03-19 23:27
tame_chanさん、父親は、自分の息子に現実を重ね合わせ、自分の娘に夢を重ね合わせる時があります。


<< 河口の日溜まり。      雲、空、海、浜、男。 >>