2007年 05月 04日

遠くまで浅く。

稲村ヶ崎の切り通しの東側は、磯のある海。
今日は遠浅で、膝下まで海水に浸かって、海に遊ぶ人が大勢。
「蛸がいた!」と、子供の声が海から沸き上がってくる。
b0022268_2324310.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-05-04 23:03 | sea,shore,beach | Comments(4)
Commented by biwakokayo4 at 2007-05-05 17:17
この方達は何か採っているのですか?
貝とか、魚とか・・・。
浅くて海底が見えていて安心ですね。
水がきれいなので魚もおいしそうです。(笑)
ビールをたくさん飲むとカロリーオーバーになりませんか?
ちょっと心配。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-05-05 21:00
biwakokayoさん、磯には、蛸の他、サザエとか、ウニとかあるそうです。
ビール、いくら飲んでも体重になりません。無駄遣いの毎日です。
Commented by ぷろとん at 2007-05-05 22:22 x
大潮の日には、体育の時間に蛸取りに出してもらったのを、懐かしく思い出しました。おそるおそる蛸とにらめっこしながら手を出したら、蛸にぱしっと手をひっぱたかれて、驚いている間に逃げられました。あやや。トコブシも美味しかったです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-05-05 23:14
ぷろとんさん、トコブシを肴に、またビールを飲みたくなりました。
あ、そうそう、「ウニ、いる!」という子供の声もありました。


<< 浜の歌謡曲。      七里ヶ浜の夕景・5月3日篇。 >>