2007年 06月 11日

哀悼。

 親しい気持ちをずっと抱いていた先輩のAさんが、肺ガンで亡くなられた。70歳。まだ若い。
 どんなところに立っていても、穏やかな光を放っていた。それはAさんが、対する人の放つ光の方向に向かって眼を注いでいたから。光を自分に反射させてその人に返していたから。自分にもあった大きな光は、そっと抑えて。
(07/06/10)
b0022268_21395713.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-06-11 21:27 | in the home garden | Comments(4)
Commented by biwakokayo4 at 2007-06-12 18:09
自分の尊敬する人を失うのは寂しいですね。
自分も少しでもそういう人を見習っていきたいです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-06-12 22:32
biwakokayoさんは、私のコメントから、「尊敬」という言葉をすくいとってくれました。毎度感心するkayoさんの感性です。
Commented by ぷろとん at 2007-06-16 05:51 x
素敵な方だったのですね。そんな人でありたいと、私も思います。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-06-16 22:28
ぷろとんさん、今からこのコメントを見ると、感傷的だったかなと思いますが、やっぱりAさんは、そんな人でした。素敵な人と読みとって頂いて、ありがとう。


<< 感傷。      七里ヶ浜の夕景・6月10日篇。 >>