2007年 06月 14日

ひとごこち。

鎌倉御成通りの「くろぬま」に入れば、それが味わえる。
b0022268_23124328.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-06-14 23:13 | in Kamakura city | Comments(6)
Commented by biwakokayo4 at 2007-06-15 06:29
自分が子供の頃に戻ったような懐かしいお店ですね。
男の子の視線が何を見ているのか・・・
迷いながら選んでいる楽しい時間でしょう。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-06-15 23:13
biwakokayoさんの言葉がうらやましい、
ビジュアルにある意味を言葉に置き換える力にあこがれます。
Commented by kacchan0430 at 2007-06-16 05:15
こんにちは。なつかしい駄菓子屋さんですね、僕もこのころは50円握りしめて何十分も悩んでいたのを思い出します。
Commented by ぷろとん at 2007-06-16 05:55 x
ああ、くろぬま、懐かしいです。子どもの頃には、とてつもなく大きなお店に思えました。うちの近所には、こういうお店がなかったので、たま~~に行くとカルチャーショックでした。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-06-17 21:03
kacchanさん、初めまして。ですよね。
今は、100円のものがほとんどです。最近は、奥さん、体が悪いのか、店に顔を出していません。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-06-17 21:05
ぷろとんさん、結構、新製品があったり、品揃えが変化しています。
大人でも、つい、楽しんでしまいます。


<< 光へ。      昇天。 >>