2007年 09月 17日

残照。

一日中、強い南風が吹き、彼岸に近いとは思えない強い陽射しが海の上に落ちた。午後、海岸沿いに走っていると、風が運んだ小さな砂が、額から流れた汗が覆う頬を、ばしっとたたいた。
(CANON EOS 40D)
b0022268_217249.jpg




b0022268_2175824.jpg

b0022268_2182791.jpg

b0022268_2184537.jpg


by hirofumi_nakayama | 2007-09-17 21:08 | sea,shore,beach | Comments(4)
Commented by biwakokayo4 at 2007-09-18 11:51
光る海・・・という言葉が出てきました。
すごい陽射しで暑いですね。
カメラ大丈夫かな。(汗汗・・・)
Commented by milkcoffeetea at 2007-09-18 15:35
こんにちは*
本当に光りまぶしい海そして青空に真っ白い灯台。。。*
いいですね。。。。
風*強かったんだ・・・

いつも思いますがなんかとてもかっこいいですよね・・・*

Commented by hirofumi_nakayama at 2007-09-18 22:55
biwakokayoさん、ビニール袋に突っ込んだ手でカメラをつかんでいました。工夫してみました。帰ってくると、ビニール袋の中に汗がたまっていました。今のところカメラはOKです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2007-09-18 22:58
milkcoffeeteaさん、江ノ島の灯台まで来ると、風が強くて危険だということでしょうか。近くまで行けないように、かなり手前でロープが張られていました。


<< 赤城工房紀行、続き。校長室。      赤城工房。 >>