2008年 01月 20日

山里の彩り。

十六夜山道に大きなマユミの木。赤い実が鈴なりになっている。
(CANON EOS 40D)
b0022268_20371952.jpg




b0022268_20283268.jpg


by hirofumi_nakayama | 2008-01-20 20:29 | in Kamakura city | Comments(3)
Commented by yutaka-iida at 2008-01-20 22:29
「まゆみ」って実に日本らしい女性名ですよね。
この実(花)も健気で大和撫子を感じるのは僕だけ?
こんな淡い色が日本の女性に似合う色なんですよ。
僕はこんな色合いが好きだな~。
Commented at 2008-01-21 13:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2008-01-21 22:53
YUTAさん、5月頃に白い花が咲くマユミは、この季節に、花と見まがう実をつけます。実は割れて、その中に小さな黒い実の中の実を見せてくれます。大好きな木の実の一つです。
この実の色は、確かに、他の国には見ることのできない、あたたかくて上品な色ですね。


<< 山中紅彩。      134号線沿いの朝。 >>